カードローンの増額、審査の際に重要なポイントは?

入社三年目のサラリーマンです。いろいろな人に話を聞いたり、また自分でもいくつか資料を調べたりしているうちに、最近では銀行系カードローンと呼ばれるサービスがあることを知りました。今ではすっかりカードローンのお世話になっています。例えば職場の後輩にアドバイスを求められたら、自分なりにオススメのキャッシングプランを教えてあげられたらなと思います。
ただ、僕にとっても気になることはまだあるのです。具体的には、カードローンの増額のことで。増額に際しては、所定の審査が必要になりますよね。

カードローンの増額、審査の際に重要なポイントは、具体的にどのようなものでしょうか?

あなたの年収と、過去のキャッシング履歴が審査に加味されます

カードローンは、借りたお金の使い道が限定されず、最寄りのATMからいつでもお金を出し入れできるので、非常に便利です。今や多くの人がカードローンのお世話になっているのもうなづけますね。

カードローンで一度に引き出せる金額は、実はそれほど高額ではありません。ただし、学生や主婦の方でもアルバイトさえしていればお金が借りられる、というふうにルールを定めた企業も増えてきているので、このあたりも魅力の一つです。

借り入れの限度額がそれほど大きくないゆえ、限度額を増額したいと考える人は多くいるでしょう。しかしながら、借り入れの限度額を増やしたいからと言って、何の条件もなしに増額してもらえるわけではないのです。

まず、ある程度の年収がなければ、借り入れ限度額の増額は行えません。一般的なのは、借り入れ限度額が五十万円を超えたあたりから収入の証明書が必要になるというもの。もちろんこの金額は起業によって多少の違いがあるのですが、一つの目安にはなると思われます。

カードローンの増額審査は非常に簡単な基準

カードローンの増額審査は非常に簡単な基準によって実現できます。なぜこのようにいえるのかというと、そもそもカードローンに関する上限額というのは法律によって明確に定められているからです。これはキャッシングであるのならば必ず適用される法律ですので、たとえお金を貸すことができる金融機関であっても覆すことはできません。つまり、この基準をもとに増額が検討されることになるわけです。

具体的に言うと、キャッシングにおける融資の上限は総量規制という規制によって決定されます。これは、お金を借りている消費者の年収の三分の一を上限として融資の枠を設定することを言いますので、この範囲であるのならば自由に融資を受け取ることができるようになります。そして、この規制というのは主に二つの意味が存在している規制でもあるのです。

一つは、融資の対象を拡大することを意味しています。消費者の年収に対して融資の上限額が設定されるわけですから、当然一定の年収が存在していればそれがどれだけ少ない金額であってもお金を借りることができるようになることを意味します。つまり、正社員だけでなくアルバイトやパートであってもお金を借りることができるようになるわけです。

そして、もう一つが、融資の上限額はあくまでも本人の努力次第でいくらでも増額させることができるということです。本人の年収に対して融資の枠を設定するわけですから、本人の年収が上昇すればするほど受け取ることができる融資の限度額も上昇することになります。総量規制は消費者と金融機関の安全性と公平性をより向上させるための規制であることを忘れてはいけません。

また、この性質上後から所得の証明をすれば簡単に追加の融資を受け取ることができるようになっており、そのため最初の申請に関しては非常に簡易的な融資の条件によってお金を借りることができるわけです。これほど柔軟な小額融資のサービスはキャッシング以外に存在しません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 ※パートの方、必見!※優良キャッシング会社徹底紹介サイト! All Rights Reserved.