友人からお金を借りられず困っているなら

キャッシングベスト3

友人からお金を借りられなくて困っています…

入社三年目のOLです。ただでさえこのところはずっと不景気なので、お金のことだけは特に気をつけてきたつもりです。ただ、今月は友人の慶事が続いたことに加え、父が病気を患ってしまってお金が必要になりました。父の状態に関しては幸い、大事には至りませんでしたが、これからも継続的にお金が必要になります。保険に入ってはいますが、OLの私にとってはバカにできない自己負担の金額が残ります。
消費者金融から多重に借金を作るわけにはいかないので、なんとか友人を頼って金策したいと思うのですが、友人からお金を借りられなくて困っています。

今の私のような状況でも、なんとかうまく切り抜ける方法はありますか?

友人からお金を借りられればベストですが…

友人からお金を借りるメリットは明白です。まず第一に、返済期限がないこと。ついで、利息を取られる心配がないということです。だから、消費者金融からお金を借りるよりよっぽど手軽なんです。借りられる金額はやっぱり知れているでしょうが。

ただ、金の切れ目が縁の切れ目という言葉があることを忘れてはなりません。気軽に借りられるからと言って常に友人を当てにしていると、そのうち愛想を尽かされてしまいます。お金を借りるのであれば、そのための十分な見返りを用意しないと。

友人との信頼関係というものは、驚くほど壊れやすいものです。人は皆違う価値観を持って生きているため、自分が良かれと思ってやっていることが、相手に悪い印象を与えてしまう結果を招くなど、別に珍しくはないですよね。

友人からお金を借りられなくて困っているなら、どうすればお金を借りられるかということを、相手に与える見返りという観点も含めて、もう一度だけ考え直してみてください。そのうえで、本当に友人以外にあてにできるものはないのか考え、他に有効な手立てがあるなら実行するべきです。

友人にお金を借りて関係を崩したくない場合に考える方法とは

たくさん給料をもらっている人が、たくさん貯金ができているとは限らないものです。年収が多かったとしても、あればあった分だけ毎月使ってしまっているような人の場合は、貯金はできないものだからです。例え年収が低かったとしても計画的にお金を使うことが出来るような人の場合は貯金が出来る形になりますので、年収の額と貯金の額は関係がないという風にも考えられるでしょう。

生活をしていれば急な出費がある場合もあります。例えば冠婚葬祭であったり、車が壊れてしまったりと思わぬ出費が出てしまう事もあるのです。そんな時に手持ちのお金があれば対応をすることが出来ますが、手持ちのお金がないときには、貯金を下ろして対応するようになります。しかし、その時に貯金がない場合にはどのように対応していけばいいのでしょう。

頭に浮かぶ方法としては友人に借りるという方法でしょう。しかし友人に貸してほしいといった時点で、友人関係にひびが入ってしまう可能性があります。友人同士で金銭の貸し借りというのはトラブルのもとでもあるからです。ですので、貸してほしいという風に言われただけで嫌な気持ちになる人も多くいるのです。もしも数万円という金額のために、長年の友人関係が崩れていってしまうようなことにでもなればとても哀しい話でもあります。中には快く貸してくれる人もいるものかもしれませんが、関係を崩したくないのであれば他の方法を考えるべきといえます。

そこで、カードローンを利用することを考えてみるといいでしょう。カードローンであれば、きちんと返済するのであれば誰にも迷惑をかけることもありません。給料日間近なのであれば、給料が入ればすぐに返済することもできるようになります。それならば友人に借りることを考えて関係を崩してしまうよりも、カードローンを利用して借りた方がいいということになるでしょう。急な出費の時にはカードローンは強い味方になってくれるものでもあるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 ※パートの方、必見!※優良キャッシング会社徹底紹介サイト! All Rights Reserved.